Hostess Entertainment Unlimited

Newsニュース

2017.05.19Kikagaku Moyo(幾何学模様)がMAGNIPH / Hostessより新作EPの日本配信をスタート

Kikagaku Moyo(幾何学模様)がMAGNIPH / Hostessより新作EPの日本配信をスタート

海外を中心に活躍、世界中で注目をされている日本人5人組のKikagaku Moyo(幾何学模様)がMAGNIPH / Hostessより新作EPの日本配信をスタート!!

昨年リリースされたアルバムがUNCUTやMOJOなどの海外メディアで高評価を得、さらに過去にはUSの著名なサイケロック・フェス<AUSTIN PSYCH FEST>へ出演、今年UKで開催される<Green Man Festival>にも出演が決定しているなど、世界中で注目をされている日本人5人組のKikagaku Moyoの新作EP『Stone Garden』の日本配信がMAGNIPH / Hostessからスタートしました!


2012年にGo Kurosawa(drums, Vocals)とTomo Katsurada(Guitar, Vocals)を中心に結成された日本人5人組のKikagaku Moyo。2013年以降2枚のスタジオ・アルバムをリリースし、オーストラリア・US・ヨーロッパそして日本でツアーを行い、<AUSTIN PSYCH FEST>にも出演する等世界各地で活躍。2016年5月にリリースされた最新アルバム『House in the Tall Grass』はUNCUTやMOJOなどの海外メディアで高評価を得る等、話題となりました。
さらに同年6月にはイッセイミヤケメンの2017年春夏コレクションのパリコレでショー音楽を担当し、ライブ演奏も披露。その独特なスタイルで、世界中から注目をされています。


そんな彼らが、新作EP『Stone Garden』を発表。昨年チェコのプラハにてレコーディングを行い、彼らのよりエクスペリメンタルな側面に焦点を当てた作品となっています。現在同作品から、「In a Coil」や「Trilobites」の音源が公開されています。


Kikagaku Moyo、「In a Coil」の試聴はこちら:


Kikagaku Moyo、「Trilobites」のオフィシャルMVはこちら:


5月からUSツアー中の彼ら。6月からはヨーロッパツアーがスタートし、さらに8月には<Green Man Festival>への出演が決定している等、今後もワールドワイドな活躍に注目です。

Release Infoリリース情報

Kikagaku Moyo - Stone Garden
Stone Garden
byKikagaku Moyo

レーベル:MAGNIPH / Hostess
価格:900円
配信開始日:2017年5月19日

<トラックリスト>
1. Backlash
2. Nobakitani
3. Trilobites
4. In a Coil
5. Floating Leaf

※iTunesページはこちら!
https://itunes.apple.com/jp/album/stone-garden-ep/id1232148294?app=itunes&ls=1&at=11lwRX

Short Biographyショート・バイオ

2012年の夏、Go Kurosawa(Drums / Vocals)とTomo Katsurada(Guitar / Vocals)の二人を中心に活動を開始。Kotsu Guy(Bass)、Daoud(Guitar)、そしてManilal Nag師にシタールを師事していたGoの弟であるRyu(Sitar)がインドのKolkataから帰国後、バンドに加入。現在のラインナップとなっている。
2013年ギリシャのCosmic Eye / Sound Effect recordsから1stレコードをリリース。2nd LPの「Forest of Lost Children」はNYCに拠点を置くBeyond Beyond is Beyondから2014年に発売された。2015年にはGoとTomoはアジアの音楽シーンを世界へ発信することを目的とした音楽レーベル「Guruguru Brain」を立ち上げ、幾何学模様の最新フル・アルバムとなる「House in the Tall Grass」は2016年5月に同レーベルから発売。
現在まで海外ツアーを中心とした活動を行っており、世界各地で続々ソールドアウトを記録。2016年6月にはパリ・コレクションでISSEY MIYAKEのSPRING SUMMER 2017 Collectionで演奏を行うなど、その活動は音楽シーンのみにとどまらず、アート、ファッションなど幅広いシーンから注目を集めている。